antique.net

壺買取は日頃の手入れから価値が決まるかも!

意外と多いお宝骨董品!

鑑定するテレビでもよくあるような、自宅の押入れや屋根裏で保管していた壺や絵画が、国宝級の美術品だったり、数千万円の価値のある壺だったりすることが案外あります。中には、使用している皿が有名な陶芸家の最後の作品なんてこともあります。「もしかしたらこれ高いかも!」と思ったら査定させるのも良いかもしれませんよ。

骨董品のマル秘情報を知りたいならこちら

本

美術品買取方法の選択!

美術品買取には買取方法にもこだわる必要があります。それを理解していない方の多くが破損させたり、汚して価値を下げたりすることがあります。気になる内容はコチラでご確認を!

READ MORE
刀

日本刀の購入と買取

刀剣の技術は、世界中探しても日本に勝るところは無いと言われるくらい技術が高く、デザインも洗練されていて世界中の方を魅了しています。その刀剣の購入方法や買取時の注意点を理解する・しないで、法律違反になるかもしれません。そうならないためにココをクリック。

READ MORE
時計

買取業者の選び方

骨董品の買取業者は日本に数多くいます。その業者を選ぶにはとても重要な3つのポイントがあります。そのポイントを基準にして業者選びをした方がGOODです。注目の3つのポイントが紹介されている記事はココ!

READ MORE

良くある骨董品トラブル!

骨董品のトラブルで多いのが壺です。多くの方が綺麗にしようとして落として割れた、移動させるために壺の取手を引っ張ったら取れたなどのトラブルがたくさんあります。骨董品の価値が扱い方次第であることを十分認識してください。

壺はデリケート

骨董品

壺の扱い方

骨董品と聞くと最初にイメージするのが壺が多いでしょう。それほど高価な物と認識されているため、扱い方には十分気をつけてください。例えば大掃除のときに、移動させて掃除をする際に誤って落として割れる心配があります。そういった場合は必ず人手を集めて移動してください。一人で行ない割れてしまうと、破片が危険です。人手が確保できないなら、移動させることがやめてください。骨董品買取をする時にも影響がでますよ。

壺の手入れ方法について

壺の手入れには注意点が2つあります。一つが洗剤を使用しないこと、もう一つが硬い布で拭かないことです。洗剤は壺の模様を消してしまう可能性があり。硬い布ならキズをつけてしまう恐れがあります。なので、拭く時は柔らかい布で水拭きだけで良いです。また壺を保管する際は綿布にちゃんと包んで日の当たらない、暗い所で保管しましょう。年に最低1回は風通しをすることを忘れないでください。刀剣や美術品買取を行う際も手入れや保管方法は大事です。手入れなどが行き届いているかどうかは、買取価格まで影響してきます。そのため、もしも手入れ方法や保管方法に悩んだ場合は専門店に連絡して相談すると良いですよ。京都や広島にもたくさん専門店はあるので安心してください。